03-5796-2550(一般財団法人ドリーム夜さ来い祭りグローバル振興財団 事務局)

ドリーム夜さ来い祭り

Home / mainevent

第18回ドリーム夜さ来い祭り 2019年11月1日[金]~11月3日[日]開催

~SDGs 社会課題にチャレンジする東京の祭り~

今回で18回目を数える「ドリーム夜さ来い祭り」は、東京でも最大の規模と質を兼ね備えたお祭りです。今年もお台場(東京臨海副都心)を中心に8会場で、6,000人の踊り子と観客95万人を見込み、開催します。今回は「SDGs:社会課題にチャレンジする持続可能な東京の祭りへ」をコンセプトに、子ども虐待防止オレンジリボンキャンペーンや動物愛護キャンペーンなどの「SDGs」の普及啓発にも取り組みます。地域の賑わい創出だけでなく、喫緊の社会課題にチャレンジします。持続可能な社会に貢献する、東京の顔に相応しい祭りを目指していきます。
来訪者・観客が飛び入り参加できる総踊りや東京五輪音頭2020など、どなたでも楽しめる企画が満載です。11月1日の「前夜祭」では特選のミュージックステージと、一般向けには初めて実施する「ODAIBA 夜景 de 綱引き」(2日・3日はチーム対抗戦を実施)や、また、高知のご当地の味・物産展なども実施するなど、どなたでも楽しめる企画が満載です。世界に広がる当祭りを心ゆくまでお楽しみください。

日時

2019年11月1日(金)17時~21時【前夜祭】11月2日(土)11時~21時 11月3日(日)10時~21時(時間は予定)

会場

お台場(東京臨海副都心)全域及び丸の内・秋葉原・東京タワーの8会場

①お台場 自由の女神会場(ゆりかもめ台場駅・グランドニッコー東京 台場前)
②ダイバーシティ東京 プラザ前会場
③【同時開催】東京おきゃく 持続可能な食と宴のひろば(ヒルトン東京お台場・アクアシティお台場前)
④フジテレビ会場(本社屋前 池広場)
⑤石と光の広場会場(パナソニックセンター東京前)
⑥丸の内会場(丸ビル・新丸ビル間)[11月3日(日)のみ開催] ⑦秋葉原UDX会場【JR秋葉原駅 電気街口側】[11月3日(日)のみ開催] ⑧東京タワー会場(1F正面玄関前)[11月2日(土)のみ開催]

交通機関

①~④(台場地区)会場

ゆりかもめ「台場駅」下車
りんかい線「東京テレポート駅」下車

⑤(有明地区)会場

ゆりかもめ「国際展示場正門駅」下車
りんかい線「国際展示場駅」下車

⑥丸の内会場

JR「東京駅」下車
都営地下鉄三田線 「大手町駅」下車

⑦秋葉原UDX会場  JR「秋葉原駅」下車

⑧東京タワー会場  都営三田線「御成門駅」下車

料金

入場無料

祭りの概要

1)全国約6,000名のよさこいチームの演舞【観覧無料】

全国からおよそ6,000名の踊り子が集結します。多様かつクオリティーの高いチームが華麗に・激しく・迫力のある演舞を繰り広げます。

2)「ODAIBA 夜景 de 綱引き」を前夜祭で一般向けに初実施

昨年、チーム向けに実施した綱引き企画が大変好評のため、1日の前夜祭で一般向けに初めて実施します。どなたでも取り組めるスポーツへの関心の向上を図る取組みとして、綱引きをお台場 自由の女神会場にて実施します。また、昨年に引き続き、2日・3日にチーム向けの綱引きも実施いたします。

3)ユニバーサル&インバウンド当日飛び入り参加チーム・講習会付【参加無料】

お台場 自由の女神会場を中心に当日受付の飛び入り参加チーム「ドリーム夜さ来い正調連」を2日・3日両日に展開します。(演舞直前に講習会を同会場で実施します)その場で参加できることから、毎年どなたでも気軽に参加できるので大変好評を博しています。詳細は開催直前の当祭公式WEBサイトをご覧ください。

4)東京タワー会場の新設、丸の内会場(行幸通り/丸ビル・新丸ビル間)・秋葉原UDX会場の実施【観覧無料】

子ども虐待防止オレンジリボンキャンペーン(下記(6)参照)に合わせて東京タワー会場を今回新設します。東京のシンボルとともに繰り広げるよさこい演舞をご堪能下さい。また、丸の内会場でも、こちらも東京のシンボルである、赤レンガ東京駅舎を背景にした演舞が街を彩ります。また、アニメ・ポップカルチャーの聖地・秋葉原も会場として展開します。

5)東京おきゃく 持続可能な食と宴のひろば(ヒルトン東京お台場・アクアシティお台場前)の同時開催など

「おきゃく」とは、よさこい祭り発祥の地の高知県の方言で宴会を意味する言葉。当祭りお台場 自由の女神会場を宴会場に見立てた屋外型物販&飲食の取組みです。 ゴミ減や被災地の食材活用などSDGsにつながる施策を盛り込みながら、持続可能な食に関するライフスタイルを追求します。当企画は臨海副都心のレガシーとしても実施いたします。
1日の前夜祭では、綱引き企画の直前にミュージックステージを設け多様なジャンルのグループが演奏・歌唱を繰り広げ、2日・3日の本祭りに向けて盛り上げます。
お台場 自由の女神会場では、フィナーレ時に、受賞した演舞チームへの表彰式や観客との総踊りを行い、祭りを締めくくります。

6)祭り初のSDGs【注】への取組み

今回より、子ども児童虐待防止オレンジリボンキャンペーンや動物愛護キャンペーンなどの「SDGs」の普及啓発に取り組みます。地域の賑わい創出だけでなく、喫緊の社会課題に真剣に向き合い、持続可能な社会に貢献する、東京の顔に相応しい祭りを目指します。
【注】持続可能な開発目標(SDGs)とは2015年の国連サミットで採択された2030年までの国際社会の課題です。持続可能な世界を実現するための17のゴール(169ターゲット)などで構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを誓い、SDGsは全世界共通語として、日本でも国・自治体・企業等で取り組みが進められています。
~子ども児童虐待防止オレンジリボンキャンペーンとの連携 平和と公正をすべての人へ 子どもに対する暴力を無くす~
この度、特定非営利活動法人 児童虐待防止全国ネットワーク(吉田恒雄理事長)と一般財団法人ドリーム夜さ来い祭りグローバル振興財団(扇谷ちさと理事長)は、11月の当祭りでの子ども虐待防止オレンジリボンキャンペーンでの展開・普及に関して連携協定を結びました。11月が厚生労働省が定める児童虐待防止推進月間とも重なり、また、SDGs目標16ターゲット2(下記参照)にもつながるなど、祭りを通じてSDGsのゴール・ターゲットにつながる社会課題へチャレンジします。今回の具体的取り組みは、夜さ来いチームがオレンジリボンを衣装に付けての演舞や、会場周辺施設でのオレンジカラーのライトアップとの連携、お台場 自由の女神会場で啓発のための公式ブースの設置など、祭りやまちと一体となったキャンペーンを展開予定です。
~動物愛護キャンペーンとの連携 身近な動物も安心して共生できる社会へ~
当祭は、行政・企業・NPOなどと協働して、祭りを通じて横断的・継続的に、人とペットの暮らしの中にある問題の提起および普及啓発を進めます。動物虐待や飼い主のいないペットの殺処分など動物にまつわる社会問題を解決し、ひいては人類が多様な生態系に対して責任ある行動を促すきっかけをつくります。今回の具体的な取組みは、お台場 自由の女神会場での啓発のための公式ブースなどを予定しており、祭り一体となったキャンペーンを展開予定です。

主催ほか

一般財団法人ドリーム夜さ来い祭りグローバル振興財団
(共催)東京都、一般社団法人東京臨海副都心まちづくり協議会、フジテレビジョン
(特別協力)三菱地所
(後援)国土交通省、高知県、港区、江東区、千代田区、日本商工会議所、東京商工会議所、日本政府観光局、東京観光財団、ほか

備考

雨天決行。祭り会場・実施内容・スケジュールは、天候、その他の都合により変更、中止する場合がありますので予めご了承ください。

お問い合わせ

DREAM夜さ来い祭りについてのお問い合わせは、こちらからお願い致します。